生活・その他

日用品はどこで買う?ふくしま12市町村の買い物スポット(前編)

2023年11月24日
  • 生活環境
  • 移住
  • おすすめスポット

移住を考えるうえで大切なのが、移住先の生活環境をしっかりと調べて、自分の価値観とマッチするか検討することです。買い物もその価値観を表すものの一つ。この記事では、福島12市町村のうち南相馬市、浪江町、川俣町、飯舘村、川内村の食料品・日用品の買い物事情について解説します。移住後の暮らしをイメージするために、ぜひ参考にしてください。

目次

【南相馬市】日用品の買い物は市内で完結

福島12市町村で最も人口が多い南相馬市には、複数の買い物スポットがあります。特に中心地である原町区には、大型ショッピングモールのほか、福島12市町村で唯一のユニクロやニトリもあります。飲食店も個人店から大手チェーン店まで数多く立地しており、休日には近隣町村から買い物で訪れる人も多くいます。

最大のショッピングモールは、原町区にあるジャスモール南相馬です。食料品や日用品、衣料品、医薬品など暮らしの必需品を販売するイオンスーパーセンター南相馬店のほか、洋菓子店やドーナツチェーン店、ペット用品店、コインランドリー、カーメンテナンス店などのテナントが入っており、買い物で疲れた時にはフードコートで休憩することもできます。子どもが遊べるゲームコーナーや授乳室もあり、家族での買い物にもやさしい施設です。

その他、市内にある代表的なスーパーマーケットチェーンは、ヨークベニマルフレスコキクチです。ヨークベニマルは福島県郡山市に本社を置くご当地スーパーで、セブンイレブンやイトーヨーカドーを経営するセブン&アイ・ホールディングスグループの子会社です。市内には原町に2店舗があり、生鮮食品やお惣菜、プライベートブランド商品などが購入できます。フレスコキクチも相馬市に本部を置くスーパーで原町区に2店舗、鹿島区に1店舗あります。

また、小高区には公設民営型の小高ストアがあり、地域住民の買い物スポットとなっています。

【浪江町】医薬品も購入できるイオン浪江店が立地

浪江町内にはイオン浪江店があります。食料品・日用品に加え医薬品も販売しています。午前6時から午後8時まで営業しているため、通勤前に立ち寄ることも可能です(日曜・祝日は午前9時から営業)。また、道の駅なみえでも野菜が販売されています。道の駅には無印良品も出店しており、衣料品や雑貨などの日用品がそろえられます。週末には車で30分程度の南相馬市原町区に買い物に行き、まとめ買いをする人も多いのだそうです。
※南相馬市の買い物事情は南相馬市の項目でご紹介しています。

【川俣町】買い物施設は豊富。宅配サービスも便利

川俣町はスーパーマーケットが3店舗、ドラッグストアが4店舗あります。個人商店も多く、日常的な買い物は不便なくできそうです。

特に国道114号沿いの道の駅かわまた周辺は、リオン・ドール川俣店いちい川俣店を中心に複数の店が集まるエリアです。リオン・ドールは会津若松市に、いちいは福島市に本社を置くご当地スーパーで地場産の生鮮食材の取り扱いが多く、惣菜の種類も豊富。地域の食卓を支える心強い味方です。いちいは午後9時まで、リオンドールは午後10時まで営業しているため、帰りが遅くなった時も安心です。

このエリアには業務用スーパーやホームセンター、ドラッグストアもあり、効率のよい買い物が可能です。国道の向かい側にある道の駅かわまたの敷地内には、JAふくしま未来の直売所ここら川俣店があり、地元産の新鮮な野菜や果物が手軽に購入できます。

また、町役場の近くにはスーパーマーケットや100円ショップが入るファンズ川俣店があります。こちらでは月会費550円で宅配してもらえるネットスーパーのサービスも。自宅にロッカーを設置するスタイルで、不在時にも配送を受けることができます。保冷剤を付けてもらえるので、冷蔵・冷凍品も安心です。なお、衣料品などの買い物は隣接する県庁所在地の福島市に行く人が多いです。

【飯舘村】移動販売やネットスーパーがメイン

飯舘村内にスーパーマーケットはなく、いいたて村の道の駅までい館がメインの商業施設です。館内には新鮮な野菜が購入できる直売所のほか、コンビニエンスストアのセブンイレブンまでい館店があります(営業時間は午前6時~午後8時)。

飯舘村には商業施設が少ない分、移動販売があります。セブンイレブンは週に3回、弁当や冷凍食品、日用品、道の駅の農産物約350品目を載せて村内の自宅や職場まで届けてくれるサービスを行っています。また、スーパーマーケットいちいの移動スーパー『とくし丸』は、生鮮食品、野菜、果物、調味料、惣菜、弁当から日用品まで約400品目・1,200点の商品を軽トラックに積んで、希望すれば自宅を訪問してくれます。

このほか、ファンズ川俣店で行っているネットスーパーのサービスは、村内の一部地域が配送可能エリアとなっているため、午前10時までにスマホから注文すればその日のうちに配送を受けることができます。
※ファンズ川俣店のネットスーパーサービスは川俣町の項目でご確認ください。

また、隣接する川俣町へは車で25分ほど、南相馬市原町区には30分ほどで行くことができるため、週末などはお出かけがてらまとめ買いするのも選択肢です。
※南相馬市、川俣町の買い物事情は各項目でご紹介しています。

【川内村】基本は週末にまとめ買い

川内村には複合商業施設YO-TASHI(ヨウタシがあります。施設内には午前6時~午後10時まで営業しているファミリーマートかわうち店とクリーニング取次店、医薬品販売店、飲食店が入居しています。野菜は地場産品がそろう川内村役場近くの直売所あれ・これ市場で手に入ります。

商業施設が少ない川内村では昔から、日用品は週末にまとめて買い出しをする習慣があるのだそう。川内村はいわき市、田村市、大熊町、富岡町、楢葉町と5市町に囲まれており、居住エリアによって「いつもの買い物スポット」が異なるそうです。隣接する町ではありませんが、小野町にあるヨークベニマル小野プラザ店は村役場から車で30分の距離にあるため比較的利用しやすいスーパーです。
※ヨークベニマルは南相馬市の項目でご紹介しています。

生協・ネット通販の活用もおすすめ

希望する住まいの近くに商業施設がない場合、生活必需品はインターネットで注文するのもおすすめです。また、生活協同組合のコープふくしまは南相馬市といわき市に配達センターがあり、福島12市町村のほとんどのエリアで配送可能となっています。

コープふくしまの配送エリアは以下のURLからご確認いただけます。
https://www.coop-takuhai.jp/takuhai/search

まとめ

福島12市町村内には商業施設が充実しているエリアとそうではないエリアがあり、一つの市町村で買い物が完結するとは限らないのが現状です。商業施設については移住候補地だけではなく、周辺地域を含めてチェックしておきましょう。

文:橋本華加、五十嵐秋音 写真:蒔田志保、五十嵐秋音、片倉菜々
※内容は取材当時のものです。