改修費補助を使って空き家に住まうを快適に​​

移住者が利用できる改修費補助制度とは?​

移住して空き家に住もうとする場合、都市部での住宅購入や賃貸とは異なり、すぐに住める物件はさほど多くはありません。​

賃貸でも、購入でも、水回りなど中心に古くて改修が必要だったり、家財道具が残っているので、家財道具を残したままでよければ安く提供(処分は買主や借主)したい場合や、快適に住まう状態にするには、①改修費のお金をかける、②ご自身で手間をかけて片付けやDIYで改修を行うなどをする必要があります。

こうした状況を踏まえ、福島12市町村の中で、住宅に関する支援を拡充しようとする動きが広まっています。その1つが「改修費補助制度」です。改修費補助を実施している市町村では、残っている家財道具の処分費用や、水回りなどの住まいの改修費の一部を補助してもらうことができます。

改修費​補助制度

家財道具の処分​
リフォーム工事​
耐震改修工事​

対象物件(購入物件だけなのか、賃貸物件も対象になるのか)、補助の金額、補助の対象となる改修内容、対象者の条件などは市町村によって異なります。​

補助制度を利用する条件として、「5年以上定住すること」「対象エリア内で就業・起業すること」などと定めている市町村もあるので、事前によく調べておきましょう。


移住者が改修費補助を受けられる12市町村内の市町村はどこ?

こちらのページでは今年度からスタートした市町村の改修費補助制度を紹介しています。​
順次支援制度が始まる市町村も増えていくので、本ページやメルマガで最新情報をお知らせします!
制度内容や条件等も市町村によって異なるので、各制度をご利用の際は、必ず各市町村の担当窓口にお問い合わせください。

みなみそうまし
南相馬市

南相馬市では、市外から転入し、空き家・空き地バンクに登録されている物件を賃貸もしくは購入して入居する世帯の改修費及び家財処分費の一部を補助します。子育て、若年夫婦、多世代同居世帯などを中心に、補助額の加算も行っています。それぞれ条件がありますので、詳細は南相馬市移住者向け空き家・空き地バンク物件を賃借して改修する方への補助制度南相馬市移住者向け空き家・空き地バンク物件を購入して改修する方への補助制度​を確認し、市町村にお問い合わせください。

賃貸

補助額

子育て、若年夫婦、多世代同居世帯​基本額最大 150万円 加算金最大 100万円​
近居、単身就業、就業世帯​基本額最大 100万円 加算金最大 100万円​
共通​家財処分費補助 最大 20万円(実費5万円以上の場合)​

対象条件

  • 賃借した空き家に住所があり、居住していること
  • 改修費用が30万円以上であること
  • 自治会(隣組)に加入すること

その他の条件・詳細は、南相馬市移住者向け空き家・空き地バンク物件を賃借して改修する方への補助制度を確認し、市町村にお問い合わせください。​

購入

補助額

子育て、若年夫婦、多世代同居世帯​基礎額(定額) 75万円 加算金最大 250万円​
近居、単身就業、就業世帯​基礎額(定額) 50万円 加算金最大 200万円​
共通​家財処分費補助 最大 20万円(実費5万円以上の場合)​

対象条件

  • 購入した空き家に住所があり、居住していること
  • 改修費用が30万円以上であること
  • 自治会(隣組)に加入すること

その他の条件・詳細は、南相馬市移住者向け空き家・空き地バンク物件を購入して改修する方への補助制度を確認し、市町村にお問い合わせください。

参考リンク

南相馬市の住まい探しについて
南相馬市移住定住サイト(外部リンク)

かわまたまち
川俣町

川俣町では、定住することを目的として空き家等バンクに登録されている空き家を賃貸または購入して改修や片付けをする県外からの移住者の方に支援するため、最大250万円の支援金を交付します。詳細は賃貸の場合には「川俣町賃貸空き家改修等支援金(福島県外からの移住者等)」、購入の場合には「川俣町空き家改修等支援金(福島県外からの移住者)」を確認し、市町村にお問い合わせください。​

賃貸

補助額

改修および片付け費用最大250万円(30万円までは自己負担)
片付け費用のみ最大50万円(5万円までは自己負担)

対象条件

  • 申請または住民票を移す直前に、連続して3年以上、福島県以外の地域に在住していたこと
  • 川俣町に営業所を有する建築業者による工事であること
  • 週20時間以上の無期雇用契約を法人等と契約していること、または、自ら事業(一次産業を含む)を営んでいること

その他の条件・詳細は、川俣町賃貸空き家改修等支援金(福島県外からの移住者等)を確認し、市町村にお問い合わせください。​

購入

補助額

改修および片付け費用 最大250万円(30万円までは自己負担)
片付け費用のみ 最大50万円(5万円までは自己負担)

対象条件

  • 申請または住民票を移す直前に、連続して3年以上、福島県以外の地域に在住していたこと
  • 川俣町に営業所を有する建築業者による工事であること
  • 週20時間以上の無期雇用契約を法人等と契約していること、または、自ら事業(一次産業を含む)を営んでいること

その他の条件・詳細は、川俣町空き家改修等支援金(福島県外からの移住者)を確認し、市町村にお問い合わせください。

参考リンク

川俣町の住まい探しについて​
川俣町移住・定住ポータルサイト(外部リンク)


他にも12市町村向けの住まいの支援制度があります!​​