1年で最大5回ふくしま12への往復交通費を約半額補助!就職面談や現地での先輩移住者訪問、物件探しに使える

実際に福島12市町村内を訪れ、移住する際に必要な現地調査・現地活動を行った場合に、その交通費及び現地での宿泊費を補助します。
利用は1年度につき5回まで可能!移住準備の現地調査や物件・仕事探しにぜひご活用ください!

申請期間:2023年2月末日まで

1年度につき5回まで利用可能!

東京から鉄道を使うと…

補助額
8,000

神奈川から自家用車を使うと…

補助額
10,000

埼玉から高速バス​を使うと…

補助額
4,000

大阪から飛行機​を使うと…

補助額
21,000

申請手順

  • 1
    出発の10日前までに現地での予定を申請フォームに記入して送信
  • 2
    出発の5日前までに担当職員と面談
  • 3
    現地入り
  • 4
    帰着10日後までに現地で実際に行ったことをフォーマットに記入しメールで提出
    アップロードフォームに下記書類を添付
    • ①訪問の相手方(面会者)の名刺の写し
    • ②申請者及び同行者の生年月日・居住地を証する書類(運転免許証、住民票等の写し)
    • ③補助の対象となる経費の領収書等の写し(利用日、往復の発着地が記載されたもの)
  • 5
    帰着30日後までに必要書類を提出して補助金申請!
    アップロードフォームに下記書類を添付
    • ①補助金交付申請書(第1号様式)
    • ②申請者本人の振込口座預金通帳の写し(口座番号、口座名義が確認できるもの)

交付条件/注意事項

対象となる現地活動

  • (1) 現地活動の例
    • 福島県内での生活環境、事業実施可能性などの相談や調査
    • 就職のための企業訪問
    • 空き家などの住まい探し
  • (2) 訪問していただく場所 ※どちらも訪問する必要があります。
    • 移住を検討している市町村等(市町村の移住相談窓口の担当者、福島県移住コーディネーター、ふくしま暮らしサポーターなど)
    • 民間事業者等(就職や就農等の面接先、不動産事業者、現地活動先の地域住民や先輩移住者など)

補助金額

定額(現住所や交通手段により異なります。詳しくは 基準額表 [PDFファイル/186KB]をご覧ください)

※実際にかかった交通費と基準額を比較して、低いほうの額(千円未満切捨て)が補助金額となります。

※レンタカー、タクシーに要する経費は対象外(自家用車は、高速道路利用料のみ対象となります)。

※公共交通機関を利用した場合は、同一生計家族の人数分を交付します。

【例1】 住所/東京都、交通手段/鉄道
  • (1) 実際にかかった往復交通費(鉄道運賃) 17,900円
  • (2) 基準額 8,000円
  • → 補助金額 8,000円
【例2】 住所/神奈川県、交通手段/自家用車
  • (1) 実際にかかった往復交通費(高速料金) 16,500円
  • (2) 基準額 10,000円
  • → 補助金額 10,000円
【例3】 住所/埼玉県、交通手段/高速バス
  • (1) 実際にかかった往復交通費(バス運賃) 4,400円
  • (2) 基準額 8,000円
  • → 補助金額 4,000円
【例4】 住所/大阪府、交通手段/飛行機(伊丹・福島便)
  • (1) 実際にかかった往復交通費(飛行機運賃) 42,400円
  • (2) 基準額 21,000円
  • → 補助金額 21,000円