その他記事

広野町はどんなとこ? 気候やアクセス、名物や産業をご紹介!

2022年3月25日
広野町

      みかんやバナナが栽培されるなど、東北でも指折りの温暖な気候が特徴の広野町。Jヴィレッジがある町としても知られています。

      今回は、そんな広野町の魅力についてご紹介します!

      広野町の概要

      江戸時代には宿場町として栄えた広野町。福島12市町村の中では最も南に位置しており、東京都心からは 200km余りの距離です。北は楢葉町、南はいわき市と隣接しています。明治以降、周辺町村との合併は一度もなく、100数十年以上にわたり今の町の形を保っています。

      東日本大震災から10年が経った昨年3月、町は「広野町ゼロカーボンシティ宣言」を行い、2050年までの二酸化炭素排出実質ゼロを目指しています。

      1. アクセス

      ①鉄道

      • 常磐線
        特急ひたち 東京駅ー広野駅 
        約2時間30分

      ②車

      • 常磐自動車道
        三郷ICー広野町IC 
        約2時間30分

      仙台からは常磐線の特急で約1時間40分、車で約2時間40分で到着します。

      ①鉄道

      • 常磐線
        特急ひたち 仙台駅ー広野駅 
        約1時間40分

      ②車

      • 東北自動車道
        仙台宮城ICー仙台南部道路ー仙台東部道路ー常磐自動車道 広野IC 
        約2時間

      町内には常磐自動車道の他、東京ー仙台を結ぶ国道6号が走っています。

      2. 気候

      町のキャッチフレーズは「東北に春を告げる町」。冬の平均気温が10度を超える温暖な気候で、町内ではみかんやバナナの栽培が行われています。雪が積もることはほとんどありません。

      復興の状況について

      広野町では、東日本大震災に伴う東京電力福島第一原子力発電所の事故に伴い、2011年3月12日に住民へ自主避難を勧告、13日に避難指示を出しました。同年4月22日、町は緊急時避難準備区域に指定されましたが、約5ヵ月後の9月30日に解除。2021年1月時点での帰還率は89.7%となっており、現在では4,000人を超える人が暮らしています。

      震災後は「すべての世代が安心して住み続けることができるまち」を目指し、津波被害のあった広野駅東側を復興拠点と位置づけて、企業誘致のための産業団地や新たな住宅地の開発を進めています。

      また、双葉郡における教育の復興を後押しする中高一貫校「県立ふたば未来学園」が2015年に開校。創造力や表現力向上のための演劇ワークショップや双葉郡を学習フィールドにした探求学習など、学校独自の取組も行っています。

      移住者支援の取組

      広野町では、町への移住や移住後の暮らしに関する様々な疑問や質問、相談に対応する窓口「リンクひろの」を役場内に開設しています。住まいに関しては不動産会社と、また仕事に関しては働き手を求める企業と連携を図り、移住を検討する人に常に最新の情報を提供しています。また、町に実際に足を運び暮らしを体験してもらう移住体験ツアーの準備も進めています。

      町では教育の分野に力を入れており、幼保連携型認定こども園「ひろぱーく」や中高一貫校の「県立ふたば未来学園」など教育機関の施設を町中心部の「教育の丘」に集約させ、充実した教育環境を整える他、移住者も含むすべての町民を対象に「出産・入学祝金」を用意。子供が生まれた日、学校へ入学する日から起算してそれぞれ6ヵ月前に住民登録されている場合、出産と小・中学校の入学のタイミングで5万円の祝い金を受け取ることができます。

      広野町の各種制度について、詳しくは広野町移住定住ポータルサイト「HIRONO STYLE」をご覧ください。

      広野町の魅力はここ!

      最後に、広野町の魅力を特産品や人気スポットから見ていきましょう。

      【特産品】

      • ひろの米

        アヒルを田んぼに放し害虫駆除を行うことで農薬や化学肥料の使用を最小限に抑えた特別栽培のコシヒカリです。しっかりとした旨みと粘りが感じられ、広野町のふるさと納税返礼品にもなっています。
      • 広野町産バナナ「綺麗」

        東日本大震災及び原発事故後の町の新しい特産品として栽培がスタートしたのがバナナ。「綺麗」の名は略称で、正式なブランド名は「朝陽に輝く水平線がとても綺麗なみかんの丘のある町のバナナ」です。震災以前から栽培されていたみかんと合わせ、温暖な広野町の気候を象徴する産品となっています。

      【人気の名所、観光スポット

      • 広野町二ツ沼総合運動公園

        1990年にオープンした総合運動公園です。広大な芝生広場や子供から大人まで楽しむことができるパークゴルフ場、バーベキュー施設など、アウトドアを思いきり楽しめる施設が揃っています。園内には地元物産の直売所やレストランもあります。国道6号線沿いでアクセスも良く、地域の人々の憩いの場となっています。
      • トロピカルフルーツミュージアム

        二ツ沼総合運動公園に隣接する、東北初とされる本格的なバナナの栽培施設です。地中熱を利用したハウス内でバナナが栽培されています。ハウス内は見学可能で、収穫時期には栽培されたバナナを購入することもできます。
      • 浅見川大滝

        阿武隈山地から広野町内を通り太平洋に注ぐ浅見川の上流は、奇岩が転がる美しい渓谷となっています。中でも浅見川大滝は絶えず大きな水しぶきを上げる見事な滝で、五感を存分に刺激してくれます。

      まとめ

      ここまで、広野町の魅力についてご紹介しました。

      教育面の充実を図るなど町民に向けたさまざまな取組や制度がある広野町。以下の記事では自治体が行う移住者支援の状況についてもご紹介しています。ぜひ併せてご覧ください!

      チャレンジするまちの移住支援最前線⑦広野町

      チャレンジする人 次世代が「広野町に関わり続けたい」と思えるまちづくりで生まれ故郷に貢献したい