【イベント開催】ふくしま12市町村オンライン移住セミナーを開催します

  • 募集中
  • イベント

震災・原子力災害からの再生を知る。双葉町から発信するふくしま12市町村の今

2022年3月11日で、東日本大震災・原子力災害から丸11年となりました。
今年6月には、避難地域で唯一住民居住が叶わずにいた福島第一原子力発電所立地町でもある双葉町においても、住民居住が可能なエリアにおいて、初めて避難指示解除されることとなり待ちに待った住民の居住が始まります。
そんな双葉町から、『ふくしま12市町村の歩みと挑戦 』と題し、オンライン移住セミナーを開催させていただくこととなりました。
原子力災害の影響を大きく受けた福島12市町村は、徐々に避難指示が解除され、それぞれの場所で特色ある地域再生の取り組みが進んできました。それにより多様な仕事や働き方が生まれ充実した暮らしができるようになってきました。
しかし一方で、各地域での挑戦を支える人材はまだまだ不足しているのが現状であり、多くの力を求めています。
ぜひこのセミナーを通じて、ふくしまの現状や挑戦に触れていただき、あなたが活躍できる場所を見つけ、今後訪問をしていただくきっかけとしていただく機会としていただけたらと思っております。たくさんの方の申し込みをお待ちしています。

開催概要

・日時:3月12日(土) 13:00-14:30
※ご都合が合わず参加できない方に対し、後日アーカイブ配信を予定。視聴をご希望の方は、御申込フォームよりエントリーをお願いします。
・参加費:無料
・視聴方法:Zoomを使用(御申込いただいた方に別途URL等をご案内します)
・申込方法:以下のフォームにてエントリーをお願いします。
      https://forms.gle/ZkNpC9CoZ5aCrcGd7

プログラム内容

当日は震災から12年目を迎え、いよいよ住民帰還・居住が可能となる双葉町より生中継♪
・移住者が増える町、南相馬市小高地区の起業家コミュニティとは!?
・福島12市町村の多彩で魅力的な企業や仕事、子育て・教育環境の紹介
・ゼロからはじまる新しいまちづくりの形とは?双葉町で始まるビジネスの挑戦!
                                      ほか

こんな方におすすめ

・復興・地域再生の分野に興味関心がある方
・福島12市町村の現地の方々との交流や仕事情報を求めている方
・地方または福島12市町村へ移住・転職・起業を検討されている方
・二拠点居住をし、副業兼業・リモートワークなどで福島12市町村に関わることに興味関心をお持ちの方
※福島12市町村とは福島第一原子力発電所の事故により、避難指示等の対象となった田村市、南相馬市、川俣町、広野町、楢葉町、富岡町、川内村、大熊町、双葉町、浪江町、葛尾村、飯舘村を指します。