【ツアー開催】ふくしま12市町村地域の人・企業と出会える移住体験ツアー【第2弾】

  • ツアー

ふくしま12市町村移住体験ツアー第2弾、開催!

ふくしま12市町村は、震災・原発事故で大きな被害に見舞われましたが、各地で復興が進み、新たな挑戦が少しずつ始まっています。
ただ、地域再生には、まだまだ人の力が不足しています。あなたのその手でふくしまの再生を推し進めてもらえないでしょうか?
まずは、私たちの挑戦に触れていただけたらと思っています。そして私たちの仲間になってくれることを期待しています。
※12市町村とは、東京電力福島第一原子力発電所の事故に伴う避難指示等の対象となった市町村(田村市、南相馬市、川俣町、広野町、楢葉町、富岡町、川内村、大熊町、双葉町、浪江町、葛尾村、飯舘村)を指す。

出会える人・企業

・かわうちワイン株式会社 統括マネージャー  遠藤 一美 氏

東日本大震災・原子力災害で一時全村避難となった川内村で、新たな地域産業として、
これまで畜産を振興するため村が所有している広大な草地の一部に醸造用のワインぶどう栽培を開始。
2021年5月にワイナリーが完成、同年10月醸造開始。2022年には初仕込みのワインを出荷。
今後も、ワイン事業を通じて地域の交流人口の増や、移住・定住につなげていきたい。

・一般社団法人HAMADOORI13 代表理事 吉田 学 氏
2011年3月11日東日本大震災を福島第一原子力発電所構内で経験。避難生活をしながら原子力災害復旧に携わる。2014年1月株式会社タイズスタイル一級建築士事務所設立。2020年7月HAMADOORI13を50人程度の若者による任意団体として発足。応援者を増やしながら2021年1月一般社団法人HAMADOORI13を設立し浜通り地域の若者連携活動を本格スタートさせる。設計事務所、建設事業のほかグループ会社として経営コンサルティングおよびマーケティング事業を行うビジネスゲートウェイ株式会社設立。また、店舗企画運営、健康食品企画販売、最先端ドローンの研究開発など、幅広く福島復興のための事業を推進。

・南双サービス株式会社 業務課主任 坂本 三和子 氏
24時間365日、首都圏へ安定した電力供給を続けるJERA広野火力発電所。人々の暮らしを支えるJERA広野火力発電所と広野IGCC発電所が円滑に運転できるよう、燃料荷役、燃料供給、保安防災・警備業務等さまざまな側面からサポートしている。社員がいきいきと働ける環境づくりも丁寧に行う、地域に根ざした地元企業。

開催概要

実施日2022年1月15日(土)-16日(日)
ツアー行程◎1月15日(土)
いわき駅(12:30集合・受付)⇒12:40貸切バスにていわき駅出発
→川内村*(1)・(2)→大熊町*(3)・(4)→楢葉町(宿泊:Jヴィレッジ)

◎1月16日(日)
Jヴィレッジ*(5) ホテル(9:20出発)→広野町*(6)→楢葉町*(7)
→いわき駅(17:30解散)
プログラム◎1月15日(土)
(1)村ならではの魅力づくりを推進するかわうちラボから取り組みと生活環境の説明
(2)復興のための新産業への挑戦としてのかわうちワイン見学
(3)2021年10月17日に大熊町の交流施設としてオープンしたlinkる大熊が説明会場
(4)HAMADOORI13より大熊町等の福島県12市町村の商工環境やなりわい、地域の今後の展望について民間 法人目線で紹介

◎1月16日(日)
(5)設立から震災時及びその後の展開等含めた事業説明
(6)JERA広野火力発電所の燃料供給業務や防災・警備業務に携わる南双サービスを訪問
(7)楢葉町のまちづくり会社のならはみらいから職住環境説明
旅行代金5,000円
※集合・解散までの往復交通費・現地経費(貸切バス、宿泊費、食事代、体験料等)含む。
募集人員 20名(最少催行人員10名)
※本ツアーへの申込は福島県外に居住し、12市町村を移住及び転職、起業の候補
 としている方に限ります
申込締切日2022年1月11日(火)
お問合わせ先(株)みちのりトラベル東北
電話:019-641-8811(担当:戸草内)
FAX:019-641-8844

お申し込み後、別途メールアドレスにご連絡させていただきます。
当日のご参加お待ち申し上げます。