【ツアー】1泊2日で行く♪ 『 きて!みて!感じる!農業体験~農ある暮らしを体感しよう~』【田村市】

田村市
  • 募集中
  • イベント
  • ツアー

主催者からのメッセージ

田村市での「農のある暮らし」に興味のある方に向けて、農業や郷土食作りを体験できる1泊2日の農業体験企画を実施します。
 
\こんな方におすすめ/
現在、関東圏、都市部に居住しており
◯「農のある暮らし」を希望し、移住先を探している方
◯ 農業や郷土食作りを体験してみたい方
◯ 田村市に興味がある(行ったことがない、もう一度行きたい!)方etc.
 
◉おすすめポイント
・収穫などの農作業や野菜の調理などを体験できる
・田村市の地元食材を使った食事を堪能できる
・様々な農家さんのもとで収穫体験を通じて、農業の楽しさを実感できる
・農家さんや移住者との交流ができ、地元の人との人脈ができる
 
>>参加申込はこちら<<
 
◉田村市ってこんなところ♪
田村市は標高が400mを超える高原地帯で、夏は涼しく、でも豪雪地帯ほど雪は降らないのでとても過ごしやすい環境です。
田舎暮らしをしたいけど、田舎過ぎて生活に困るのはイヤ!そんな方にピッタリな「ちょうどいい田舎」です。大自然豊かな田村市ではじめの一歩を踏み出しませんか?
 
【農産物】
高原地帯の冷涼な気候を生かした夏秋野菜(ピーマン・トマト・いんげんなど)の栽培が盛んです。
【生活】
スーパーやコンビニ、病院など生活に必要な施設が市内にあります。
【アクセス】
新幹線の停車駅である郡山駅へは車や電車で30分程。福島空港も車で1時間と交通の便もよく、関東圏のみならず北海道、関西圏へのアクセスも良好。

農業体験企画の詳しい内容

■日程
第一回目:2022年10月1日(土)・2日(日)【申込締切9月21日】
第二回目:2022年10月8日(土)・9日(日)【申込締切9月28日】

1日目の行程
11:00 磐越東線船引駅改札 集合(貸切小型バスで移動)
11:15 テラス石森(テレワークセンター)
自己紹介、田村市の概要紹介、参加者の方に「農ある暮らし」についてイメージを可視化していただくプチワークショップを開催します。
12:00 昼食
市内の食事処で昼食をとります。
13:30~ 農業体験(たむらさくま農園)
少量多品目を生産する農家さんのもと、農産物(ナス、ミニトマト、ピーマンを予定)の収穫から納品まで一連の作業を体験します。(野菜の収穫、野菜の袋詰め作業など)
休憩時には座談会とともに収穫野菜の試食もご用意しております。
(収穫する野菜の変更の可能性あり)
17:00 入浴「あぶくま高原の宿 開宝 花の湯」にて
http://www.hananoyu.ne.jp/
癒しの湯・美の湯と呼ばれる『死海風呂』がございます。この機会にぜひお試しください。
18:00 懇親会および宿泊(民宿みちくさ)
畑で採れた野菜を使った料理をはじめ、アットホームなおもてなしで田舎時間を満喫できます。地元産の野菜を使った夕食を囲みながら、地元の方や移住者との懇親会を行います。農業だけでなく暮らしの相談事など自由にお話ができます。
2日目の行程
8:15 出発
8:30 農業体験(一回目:ひまわり農園、二回目:福福堂)
野菜の収穫作業を行います。
※天候の状況によって収穫できる作物が変更になる場合があります。
10:15 郷土料理作りと試食
収穫した野菜などを使って田村市の郷土料理を作り、それを昼食として食べます。
13:20 JA直売所「ふぁせるたむら」見学
お土産物の購入と新規就農者のための農業研修先の見学をします。
14:15 振り返り会(テラス石森)
2日間の体験を通して感じたことなどを参加者同士で共有する時間を持ちます。
16:30 郡山駅中央口到着 解散

■参加費など
>>詳しくはこちら<<

■お申し込み
>>参加申込はこちら<<

■お問い合わせ
一般社団法人Switch
Tel:050-5526-4583
Mail:contact@tamura-ijyu.jp
※この取組みの詳細についてなど、お気軽にお問い合わせください。